So-net無料ブログ作成

パーム油:野生生物のすみかを守るためには何をしたらよい?

前回、パーム油について、そのパーム油を生産するために奪われるゾウやオランウータンなどの野生生物について、そしてそのパーム油を消費している私たちの責任について書きました。


188 (Copy).jpg

インドネシア視察に行った時の写真。右がアブラヤシ農園に変わってしまった場所、左は熱帯雨林。サルたちは、アブラヤシ農園を訪れることはあるようですが、住んでいるのは左の熱帯雨林なんだそう。



これが、象牙であれば「象牙を買わない」ですむところ、ありとあらゆるものに使われるパーム油。

どうしたらいいのでしょう?

大きなレベルでは、国際的に、みんなでそういう事態を招かないパーム油を生産しようという取り組みはあります。

「持続可能なパーム油」の生産と利用を促進する、「持続可能なパーム油のための円卓会議」(RSPO:Roundtable on Sustainable Palm Oil)。

「誰がそんなことをしているの?」と言いますと、パーム油に関わっている業界、アブラヤシ農園の開発にお金を出す銀行や投資会社、そんな一連の動きを監視するNGO、などです。

世界のパーム油生産者の40%がこのRSPOに参加していると言われています。


具体的には、8つの原則を決め、それに基づいて43項目の基準を設け、この基準を満たすパーム油を、「RSPO認証パーム油」とすることができるという仕組みです。

ただし、オーガニック認証などとは違い、最終商品ではわかりづらいことも多いのが現状。

またこの基準について、森林破壊を止め切れていないなどいろいろと議論はあります。



一般消費者として、何ができるか?

パーム油の場合はあらゆるものに使われているので避けることはなかなか難しいですが、日常生活のレベルでは、やはり、大量生産・大量消費・低価格、のサイクルに No という必要があるかもしれません。

そして、無駄なものを買わない、ということ。

パーム油は加工食品に使われるので少し違いますが、例えば世界の食用作物のうち30-40%もが食べられずに廃棄されているという数字があります。


012_500x375.jpg



これはこれで、一つの温暖化防止の阻害要因として問題視されていて、2030年までに食品の無駄を半分に減らすという Champion 12.3 という取り組みが最近生まれています。



大量に、安く、消費者に提供するために犠牲になるのはその他の大切なこと。

それは森林であり、野生生物の生息地であり、食へのありがたみでもあるかもしれません。

問題が大きいと、「何もできないから何もしない」となってしまいがちですが、知識と行動をつなぐことさえできれば、何でもできるのだろうと思います。

ただそれが、残念なことに特に日本では、あまりTVなどのメディアでは報道されません。

お土産の好きな日本人の私たち。

軽い気持ちで買っているお菓子のお土産、大丈夫かな?

そして相手は本当に、それを必要としているでしょうか?

そんな小さな行動から、見直してみるのはどうでしょう?


参考サイト:

http://www.wwf.or.jp/activities/resource/cat1305/rsportrs/

http://www.greenpeace.org/international/en/publications/Campaign-reports/Forests-Reports/Certifying-Destruction/

http://www.theguardian.com/environment/2016/apr/07/reducing-food-waste-would-mitigate-climate-change-study-shows

http://www.theguardian.com/sustainable-business/2016/jan/21/tesco-ceo-davos-food-waste-campaign-sustainable-development-goals-climate-change

お菓子と野生動物の関係

前回、ゾウの生息地が奪われているのは私たちの責任でもある、ということを書きました。

実は、日本人には(日本人にも、というべきか)とても関係が深いものです。



すでにご存知の方も多いと思いますが、アブラヤシというヤシ植物からとれるパーム油またはやし油。

2000年代の中ごろから、大豆に代わり食用油の生産量第一の原料となっています。

ありとあらゆるものに使われる、このパーム油。

加工食品(お菓子、マーガリン、即席めんなどなどなど)、洗剤、シャンプー、化粧品、紙製品

試しに、身近にある加工食品を見てみてください。

単に「植物油」とされていることも多いですが、「パーム油」と記載されていることも多いことがわかると思います。



パーム油は製造側では安定していて非常に使いやすいうえ、原産地側では成長が早く扱いやすいということで、需要と供給がマッチした商品であったのですが...

実は世界のパーム油のほとんどが、インドネシア(2840万トン)とマレーシア(1920万トン)で生産されています(RSPO ウェブサイトより)。

この2カ国で、世界中の人たちの加工食品、洗剤、シャンプー、化粧品、さらには安いティッシュなどを含む紙製品などなどなど、様々なものを賄うということは、それだけ巨大なアブラヤシ農園が必要だ、ということ。

両国で激しい伐採のためすでに劣化してきていた熱帯雨林も多く、あっという間にアブラヤシ農園に変わってしまいました。


350_505x379.jpg

私がインドネシア視察に行った時の写真。上空から見ると、一面、アブラヤシ農園が広がっています。



なんと、現在この2カ国にあるアブラヤシ農園の55-60%が、もともと天然の熱帯雨林だったという推定があります(WWFウェブサイトより)。

そして、この二つの国の熱帯雨林というのは、世界でも有数の生物の多様性を誇っているのです。

つまり、その森に住んでいた生き物は、住むところを失ったということ。

もちろん、多くは死んでしまいますし、移動できる大型哺乳類も、火傷を負ったり、群れとはぐれてしまったり、野生では生きていけない状態になってしまいます。



Presentation1.jpg

WWFウェブサイトより


この熱帯雨林の破壊の新たな原因としてのアブラヤシ農園と紙のための植林について、少し前に日本でも放映されたドキュメンタリー番組があります。

こちらのビデオですが、俳優のハリソンフォードがインドネシアのテッソニロを訪ね、温暖化の原因となっている森林破壊の現状をレポートしたものです。

残念ながら日本語の字幕付きのものが見つかりませんでしたが、最初の2分以内に焼き出され行き場のなくなったオランウータンの映像があります。

また、このテッソニロには、希少なスマトラゾウがいます。

野生での個体数はわずか2400~2800頭と推定され、2012年、とうとう、「近絶滅亜種」指定を受けました。

最も絶滅が心配されるレベルです。

そしてこのスマトラゾウの生息地は、消費国(つまり日本のような国)に、パーム油を使った製品や、安い紙製品を供給するためにさらにさらに狭くなっています。

日本語の参考サイト:http://www.wwf.or.jp/activities/2012/01/1041326.html


参考サイト:

http://greenpalm.org/about-palm-oil/where-is-palm-oil-grown-2

http://wwf.panda.org/what_we_do/footprint/agriculture/palm_oil/solutions/illegal_palmoil_tessonilo_sumatra_indonesia.cfm

http://wwf.panda.org/what_we_do/footprint/agriculture/palm_oil/environmental_impacts/forest_conversion/

http://www.iucnredlist.org/details/199856/0

ゾウの利用と捕獲

前回の続き。

地球の歴史を1年のカレンダーとすると、人間が誕生したのは12月31日と例えられていて、人間はこの地球では実は新参者です。

その新参者の人間ですが、現在ではありとあらゆる生き物を利用・消費しています。

例えば前回も書いたゾウ。

アジアゾウはアフリカゾウより温和だとされ、古来から人間に使われてきました。

機械化以前は木材を運んだり、現在だと観光用にショーや背中に乗るツアーなど、が例として挙げられます。

しかしこれらのゾウはもともと野生のゾウとして生まれているため、常にコントロールが必要です。


ele-summary-3images.jpg

Responsible Travel (下記リンク)のサイトより


ゾウにとっては酷な(つまりゾウの「福祉」が損なわれる)トレーニングを経なければ「芸」をするまでには持っていけないと言われ、現在、欧米でもゾウの背中に乗るツアーをやめゾウを自然の生態で見るツアーを進めているところが増えてきています。

私自身の体験では、ずいぶん前ですがタイで調査のためにゾウのパフォーマンスを見に行ったことがありますが、「芸」をしているゾウは先がかぎ状になっている鉄の棒でコントロールされていました。

この棒ですが、英語では bullhook と呼ばれており、この使用の禁止を求める声は長くあります。




もともとの個体数がアフリカゾウよりもぐっと少ないアジアゾウ。

20世紀初頭には10万頭いたとされるアジアゾウは、過去30年間で半分以下にまで減ったと推定されています。

インド、スリランカ、バングラデシュ、ネパール、タイ、ビルマ、ラオス、カンボジア、インドネシア、マレーシア、ブータンや、お隣の国中国にも生息しています。

誰でも、これらの国の経済成長を考えると当然、生息地が減っていることは簡単に想像できるでしょう。

国際的な保護については、前回触れた絶滅危惧種の取引を規制する、「ワシントン条約」の付属書I(取引禁止)に、アジアゾウはアフリカゾウよりずっと早く、1972年に記載されました。

つまりここ40年以上、アジアゾウの(その部分・「派生物」(象牙)を含む)を輸出・輸入することは禁止されています。

そして各国政府もゾウを保護する政策は持っています。

しかし前回書いたように、ゾウの密猟は世界各地で起こっています(ただ、アジアゾウはもともとの個体数が少ないため、件数はアフリカゾウが多くなります)。

それとは別に、現在では使役という役割はなくなったゾウは人間のエンターテイメントのために利用されていますが、そのために野性から捕獲されてきています。

「え?人間が育てているゾウから生まれたのではないの?」と思われている方が多いと思いますが、実は、動物園などでの人工的環境での繁殖は、一部の種を除くと通常は非常に難しいのです。

---------------------------------
Elephants in zoos breed poorly or not at all. (ゾウは動物園では繁殖が非常に難しいか、まったくできない)
スミソニアン保全生物学研究所
--------------------------------

理由は、例を挙げると適合する繁殖相手を見つけることの難しさ(ゾウのように大きな動物は特に)、自然のサイクルと違う環境での不安定なバイオリズム、など様々です。

なので、一般の人が「おりこうさんね」「かわいい」と見ているゾウ達は、ほとんどが野生で捕獲されたゾウだと言われています。

もし、明らかに抵抗するゾウに縄をつけたり柵に押し込めたりする場面を見ることができると思う人は、 "captured wild elephant" とグーグルで検索してみてください。

一般人が撮ったもの含め、捕獲の場面を移した動画がたくさんあります。

人間との衝突が原因の一つとも言われますが、特にアジアの新興国でのゾウの生息地はどんどん狭くなっています。

そして、その原因は、そうした国の労働力や資源を使っている私達先進国にもあるのです。




メモ用参考リンク:

http://www.bornfree.org.uk/campaigns/zoo-check/captive-wildlife-issues/elephants-in-captivity/

http://www.bornfree.org.uk/fileadmin/user_upload/files/reports/INNOCENT_PRISONER.pdf

https://nationalzoo.si.edu/SCBI/ReproductiveScience/ElephantBreedRepro/

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。