So-net無料ブログ作成

抗菌・除菌グッズのこわい話

英語のことわざで、What doesn't kill you makes you stronger というのがあります。

あなたを殺さないものは、あなたを強くする。

これ、抗菌・除菌グッズに当てはまる言葉だと、と、Scientific American の記事にありました。

つまり、死なないバクテリアは、どんどん強くなっていき、やがてスーパーバグになってしまう、ということなのです。

よく宣伝で「99%の菌を除菌!」としています。

その残りの1%のことです。

前回書いたように、この状態が進むと抗生物質は効かなくなり(すでに抗生物質は効かなくなりつつあります)、これまでのようには手術というものはできなくなります。

ちょっとした感染も、体が弱ければ菌に負けて死んでしまうことも。



伝統的なクリーナーである石鹸は汚れや細菌を表面から浮かせ水で洗い流す。

もう一つ伝統的なクリーナーであるアルコールは細胞の主要な構造を破壊し、蒸発する。

ということで、どちらも環境中に消散する性質のものです。

ところが、抗菌・除菌グッズというのは表面の残留物が、抵抗に強いバクテリアの発達しやすい状況を作ってしまうというのです。

これらのグッズはキッチンカウンターで使用すると、そのままそこに残り菌を殺し続けますが、すべての菌ではありません。

残った菌は、繁殖を重ねるごとに菌に対するディフェンスを身に着けた小さなサブ・個体群が生まれます。

この一族が、冒頭の「あなたを殺さないものは...」ということわざに当てはまる、と記事には書いてあります。

そして、こうしたグッズに抵抗力をつけた菌が変異を起こし、抗生物質そのものに対する耐性を持つようになった例が実験室では発見されているというのです。

こうした抗菌化学物質は、やっぱり環境中に漏れてしまいます。

たとえば抗菌グッズによく含まれていると言われる「トリクロサン」という物質とそれに類似の同じくグッズに含まれる「トリクロカルバン」という物質。

アメリカの河川の60%に存在しているという研究結果があるそうです。

またトリクロサンには、発がん性の危険もあるという記事もあります。


化学物質は人間生活を大変便利にしました。

が、副作用や環境への影響など、あまり気にせずに使っている抗菌・除菌グッズ。

本当に便利なのでしょうか?

何よりも、本当に安全なのでしょうか?

今一度、見直すことを、お勧めします。

アメリカには、Alliance for Prudent Use of Antibiotics (抗生物質の思慮深い使用のアライアンス) というネットワークがあるようです。

日本はどうなのでしょう。

そういうことが議論されているのを、あまり見かけません。




http://www.scientificamerican.com/article/strange-but-true-antibacterial-products-may-do-more-harm-than-good/

http://emerald.tufts.edu/med/apua/policy/7.14.10.pdf

http://jp.ibtimes.com/articles/408545






トラックバック(0) 

薬と生態系

今日は、自然界の生物と、人工的産物である薬の関係について。

5月19日、イギリスでショックな報告書が出たばかりです。



0001 (6) (Copy).jpg



Jim O’Neil という、BRIKs (Brazil, Russia, India, China, South Africa) という用語を生んだエコノミストがとりまとめた、Tackling Drug-Resistant Infections Globally (薬への耐性を持つ感染への世界レベルでの対処) という報告書の中間とりまとめ。




20世紀前半、ペニシリンが最初に開発されて以来、抗生物質は様々な人を救ってきました。

「20世紀における偉大な発見」とも言われたほど、多くの命が救われ、それまでは致命的だった病気や怪我の治療が可能になったのです。

しかし徐々に、様々な抗生物質が非常に気軽に処方されるようになり、日本でも病院へ行くと「とりあえず」処方される例もまだまだ多いはずです。

ただ、自然の生態系の生物(菌)は、環境に合わせ進化していくもの。

抗生物質という人工的な化学物質は、菌のある特定の箇所をめがけてピンポイントで働きます。

結果、菌を殺しますが、その特定箇所だけを進化させればよいため、菌は抗生物質への耐性を構築しやすい、と考えればわかりやすいかと思います。

ついに、抗生物質の「黄金時代」が終わってしまったのです。



この中間報告書では、抗生物質への耐性を獲得した菌、「スーパーバグ」が原因で死亡する人の数が毎年1000万人に上る恐れがある、としています。

つまり、今なら抗生物質を飲んでおけば治まるような一般的な細菌感染で死んでしまう人が出てくる可能性があるということです。

この報告では、対策として9つの策が挙げられていますが、そのうち7つはどうやって抗生物質の過剰使用を減らせばよいかという点について。

残りの2つが新たな抗生物質の研究と開発の推進について、となっています。

抗生物質の研究開発は、利益が少ないために製薬業界は進んでやりたがらないからです。



抗生物質の削減の方法として主なものはもちろん、必要以上に処方しないこと。

そしてもう一つこのブログのトピックである動物に関係する大きな柱が、家畜に大量投与される薬の削減です。

アメリカやイギリスでは、抗生物質を使用していない食肉、というラベルを見ることがあります。

なぜ家畜に大量に抗生物質を投与する必要があるのか、という点を少し考えてみると...

狭い劣悪な環境でぎゅうぎゅうに押し込められている家畜たちは、すぐに病気になってしまうからです。



img_fe148d67612ffa8865eb07b797413d01219541.jpg

AFPニュースより



この原因はもちろん、食肉需要の増加、つまり、肉を食べる人口も、肉食自体も、増えていることが原因なのです。



自然界の生物(細菌)と、抗生物質。

おもしろいことに、自然界にある抗生物質と同じような働きをする食べ物や薬草は、抗生物質のように特定箇所だけに働きかけるのではなく、菌を全体として捉え(全体=ホリスティック)様々な箇所に働きかけるため、菌が耐性を構築しづらいというのです。

ペニシリン以前から、太古の昔から人間が存続していることを考えると、うまくこうしたものを使ってきた、そして自然と共存してきた、ということでしょう。

薬剤への過剰な信頼と手軽さが、この私たちの祖先が脈々と受け継いできたホリスティック医療の知恵を軽視させる文化を生んだ一因であることは間違いありません。




もちろんこの抗生物質の問題は世界各国がみな取り組まなければ意味がありません。

日本でももっともっと、抗生物質や抗菌製品について、政府主導の意識改革と規制、そして業界への支援と協働が必要です。

個人としては?

手軽なところでは、肉食の量について、もっと真剣に考える必要があります。

また、病院に行ってとりあえず出される抗生物質、本当に細菌性の病気でない場合に処方されていたら(されている場合がたくさんあります)、Noと言うこと。

抗菌スプレー、除菌グッズを今すぐにやめること。

合成された抗菌・除菌グッズは99%の菌を殺します。

でも、残りの1%は、耐性を構築しどんどん強くなっていきます。

キッチンでこうしたグッズを1か月使うと、結局は1か月かけてこの1%の強力な菌を培養しているのと同じことなのです

この点については、また来週。



報告書本文:http://amr-review.org/sites/default/files/160518_Final%20paper_with%20cover.pdf

その他参考:

http://amr-review.org/

http://www.afpbb.com/articles/-/3087606

http://amr-review.org/industry-declaration

http://www.scientificamerican.com/article/strange-but-true-antibacterial-products-may-do-more-harm-than-good/



トラックバック(0) 

商業利用される動物の最後

人間と暮らす動物にはいろいろな種類があります(生物種とは別の、利用の種類)。

その中に、家畜のように使役や食肉消費を目的としたカテゴリーとは別の、生きたままの商業的な利益を目的としたものもあります。

例えば、展示でいうと、動物園、水族館、サーカスなど比較的大きなスケールから、個人でやっている移動動物園や動物ショー、カフェやレストランの店内や屋外で飼っている小動物など(たまに大きな動物もいますが)。

昔の日本によくあった、イノシシ、タヌキ、シカ、そしてクマまでも(!)が、「お店の横の柵にいる」、いわゆる客寄せの動物たち。

危険動物の飼育が規制されるようになり少なくなりましたが、現在では「めずらしい」動物などがあります。

例えば、私の家からそう遠くないところに、ポニーが道路わきにいるお店があります。

または、ふくろう、フラミンゴなど、本来は人間と暮らすのにあまり適さないと考えられる動物も、見たことがあります。

その中には、その動物との本当の絆を築いて終生飼養を当たり前としている良心的なケースもあるでしょう。

しかし多くの場合、「商業的な価値」が薄れ、コストばかりかかるようになった動物を、それでも飼育していくケースは、特に大きな規模のビジネスでは稀だと言われています。

2013年、馬肉がマクドナルドのビーフバーガーや、大手スーパー Tesco の食肉売り場に混入したとして、ヨーロッパ(特にイギリス)では大きなスキャンダルとして報じられました。



A-no-horsemeat-sign-at-Ba-008.jpg

The Guardian紙より



もちろん、ビーフだと言っているのに馬肉であった、というのはサプライチェーン管理の視点からショッキングなことであり、これは刑事事件として取り上げられ、首相も最善を尽くして原因を究明する、という発言をしたほど大きな事件となりました。

また、ヨーロッパ人がショックを受けるのは感情的な部分で、馬肉の大部分が、競走馬含め何らかの形で人間と暮らしていた馬から来ていて、多くの場合「商業的な価値」が薄れた結果の産物である可能性があるからです。

World Horse Welfare のプレジデントであるイギリスのアン王女は、世話をきちんとされておらず放棄や餓死の可能性を持つ馬が国内に7,000頭いるという推定を受け、食肉として最後に売ることができるとわかれば、馬のオーナーがきちんと世話をするかもしれない、と発言しています。

馬の福祉チャリティの代表を務める人ですから当然、いろいろなことを知ってそのうえでの発言だと思われます。

つまり、動物が大きくなればその分、終生飼養はそのくらい難しい、ということなのです。

人間のために働いた動物たちの最後は、もっと広く知られるべきだと思います。

犬猫と同じですが、レスキューする個人の善意に頼るのは限界があります。

大元を考えてみんなで仕組みを変えること、これが動物に関して私が提案していきたいことです。

それには、知りたくなくても知らなくてはならないことが、たくさんあります。

もちろん、自分も含めて。


参考サイト


http://www.theguardian.com/uk/2013/feb/21/horsemeat-scandal-welsh-firm-recalls-burgers

http://www.mcdonalds.co.uk/ukhome/Aboutus/Newsroom/news_pages/mcdonalds_confirms_that_all_tests_for_horse_meat_are_negative.html

http://www.theguardian.com/uk-news/2013/oct/22/horsemeat-scandal-guardian-investigation-public-secrecy

象牙を焼く?

本当は別の動物のことを書くつもりでしたが、先週のこと、かなりショックな出来事がありました。

また象牙に関することですが、賛成・反対と意見が分かれる出来事です。

ケニア政府が105トンの象牙を、全世界の見守る中、焼却したのです。


01-kenya-ivory-burn.adapt.1190.1.jpg

http://news.nationalgeographic.com/2016/04/160430-kenya-record-breaking-ivory-burn/


実は象牙の償却は時々あっています。

アメリカや香港、そして最近では初めてマレーシアも、粉砕焼却を決めました。

ただ今回は105トンという最大の規模。

さらにサイの角1.35トンも。



私の知っている環境保護家達も、何人かその場に行っていたようで、FBにたくさん写真があがっていました。

この人達はもちろん、ケニア政府の象牙があるためにゾウが密猟されるのが問題である、という表明をサポートしに行っていましたが...

反対派の意見は、この、1億500万ドル(約160億ドル)の象牙を、焼いてしまうのではなく、国の発展やその他のことに使えたのではないか、というものが主です。

また、全世界にある象牙の在庫の約5%にあたるこの象牙を焼いてしまうことで、象牙の価格が高騰し密猟が増えるのでは、ということも心配されています。

しかしケニアのケニヤッタ大統領はきっぱり。

「将来世代の判断を待ちたい。きっと今日の我々の決断を評価してくれるはずだ。」



象牙の価値。ゾウの価値。

本来、もちろんゾウの価値の方がうんと高いはずなのです。

それは人間にとっての金銭的価値という意味も含まれます。

例えば観光。ケニアは野生動物の「非消費利用」を方針としています。

つまり、動物を殺すことなく、経済的に利用するというものです。

そしてもっと大きなレベルで、ゾウのような大きな動物が生態系に果たしている役割は、非常に重要です。

ゾウは自分の生息地を日々改変していると言ってもいいのですが、道を作る、地下水を掘る、低木をなぎ倒し草原を作る、といった、他の野生生物にとっても必要不可欠な環境を、ゾウが作っているのです。

それを、「きれいだから」「富の象徴だから」という理由で象牙を目当てにどんどん密猟していくのは、浅はかなことです。


個人的にはもちろん、象牙が焼かれるところを見るのは心穏やかではありません。

でも、ケニアの大統領のきっぱりとした方針を、羨ましく思います。

なぜならすでに書いたように、日本では象牙は合法です。

お店にあります。

手軽に買うことができます。

さらに、ヤフオクで違法象牙を取引していたことも最近メディアに出ました。

それなのに、象牙焼却を伝えるNHKのニュースはまるで他人事です。

「アフリカでは象牙の違法売買を目的にしたゾウの密猟が後を絶たず、毎年3万頭以上が犠牲になっているとみられています。」

どうしてそうなるのか?日本との関係は?

そこを報道しなければ、この報道には意味がありません。

ケニア政府のせっかくのアピールも、NHKにはスルーされてしまいました。

いえいえもしかしたら。

日本政府の「業界配慮」や「象牙をもっと活用して経済を活性化させよう」という密かな、だけど以前からコンスタントである方針が反映されているのかもしれません。

本当に、絶滅するかもしれない動物の派生物を使っている業界を存続させるために、さらに絶滅のリスクを加速させていいのでしょうか?




残念ですが今のところ、日本にいながら私たちができることは、自分で考えて行動するしかないのです。

象牙のことは、前回書いたように、ハンコ屋さんでリアクション、してみてください。

そしてこの秋にある国際会議(ワシントン条約締約国会議 COP17)で、日本政府がどういう行動を取るのか、見てみてください。



象牙はゾウのものです。

そして、象牙がなくても人間は生きていけます。




http://www.theguardian.com/environment/2016/apr/30/kenya-to-burn-largest-ever-ivory-stockpile-to-highlight-elephants-fate

http://news.nationalgeographic.com/2016/04/160430-kenya-record-breaking-ivory-burn/#close

http://www.asahi.com/articles/ASJ515HCYJ51UHBI00P.html




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。